イポナコロジーFAQ :: よくある質問と回答 06

A: 一口に顕微鏡と言っても、用途によって様々な種類があります。位相差顕微鏡は一般の生物顕微鏡と同じく「透過照明型顕微鏡」に属しています。生物顕微鏡の対物レンズは、光を通さない試料を見るようには出来ていません。また、生物顕微鏡は、標本をスライドガラスの上にのせ、その上に厚さ0.17mmほどのカバーガラスを乗せた物を観察しますが、レンズ設計の時点で、この0.17mmが加味されています。したがって、カバーガラスの無い試料を見ると、ぼやけたようなおかしな像しか得られません。